Firebird有償サポート
オープンソースのRDBMS Firebirdの有償サポートをご提供いたします。FirebirdはBorland社のInterBase(r)から派生し、ワールドワイドで利用されている、堅実・簡単・確実なオープンソース製品です。

提供サポートの内容

  1. Firebirdに関する問合せ。
    • インストール、SQLコマンド、バックアップなどのFirebird本体の基本的な問い合わせ。
    • Jaybird(JDBCドライバ)、ODBC等のミドルウェアを利用したプログラミング言語からの接続やデータ処理に関する問い合わせ。
    • InterBase、Oracle、DB2、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLからFirebirdへの移行に関する問い合わせ。
    • Firebird本体のチューニングや監視ログに関する問い合わせ。
    • FirebirdのAPIを利用したプログラムに関する問い合わせ。
  2. Firebirdを使用したシステム開発に関するアドバイス
  3. Firebirdの日本語対応に関する調査
  4. Firebirdの不具合修正ビルドの提供
  5. Firebirdのデータベース破損に対する復旧の協力
  6. サードパーティーの製品の紹介

受付及び受付時間

  • 受付時間:平日月曜日から金曜日、午前10時から午後6時まで
  • 一次対応:翌営業日の営業時間内に一次対応をいます
  • 年末年始:12月26日から1月5日まではお休みとさせて頂きます
  • 受付方法:サポートの受付はe-mailのみとさせて頂きます

インシデント制

Firebird有償サポートサービスはインシデント制サービスです。
インシデント制サポートサービスは、お問い合わせの案件(インシデント)単位でサポートを提供する制度です。サポートを受けられる方は、個人契約、法人契約を問わず、登録者1名に限定されます。

● インシデントサポート価格
2インシデント(追加インシデント) ¥60,000(消費税込¥30,000)
5インシデント(追加インシデント) ¥145,000(消費税込¥29,000)

● Firebird有償サポートサービス インシデントの定義
インシデントとは?
インシデントとは、お客様からのお問い合わせの内容に含まれる「これ以上分けることのできない質問1件の単位」であり、「お問い合わせいただいた質問回数」とは異なります。1回のお問い合わせが複数の質問からなる場合は、それらを分解し、最小単位となった1つの質問を「1インシデント」とカウントします。

インシデントの消費基準
消費する場合 → 問題解決、または回避案を示した場合
消費しない場合 → 対策方法がない、もしくは原因が判明しないと弊社が判断した場合。

● インシデントの有効期限
申し込み受理日より1年間有効です。

お問い合わせ先

SI事業部 塩崎 徳弘 shiozaki.h@apex-jp.com